3密を避けて新しい生活様式へ!

「手塚治虫アキバ化」企画に和泉つばすさんほか新規参加-コミケ出展へ

©TezukaProductions designed by nishimata Aoi

©TezukaProductions designed by nishimata Aoi

  • 0

  •  

 手塚プロダクション(新宿区)は8月12日~14日、コミックマーケット80に「osamu moet moso」ブースを出展する。

秋葉原発-コミケ専用バスプラン

 「osamu moet moso(オサム モエット モッソ)」は、「手塚治虫アキバ化」をコンセプトに、クリエイターの持つ「妄想フィルター」を通して手塚作品に隠されたアキバ要素を抽出し、具現化するコラボレーション企画で、昨年9月に始動。文倉十さん、いとうのいぢさんほかイラストレーターや漫画家などが参加している。

[広告]

 今回、和泉つばすさん、呉由姫さん、天神英貴さん、西又葵さん、ワダアルコさんらが同プロジェクトに新規参加。

 「CONCEPT BOOK 1.25」と合わせて、超3Dポスター第1弾コミケ80 限定セット、アクリルシャイニープレート、本皮マウスパッド、着せ替えシール ワダアルコのピノコなどをコミックマーケット80で販売する。

 さらに、いとうのいぢさんと、西又葵さんが描いた「リボンの騎士」をプリントした紙うちわの無料配布(限定1万枚)や、ワダアルコさんサイン会の開催も。

 サイン会への参加には、8月12日コミックマーケット80開催時から同ブースで1,500円以上の買い物客を対象に配布する整理券が必要。

 ワダアルコさんサイン会の開催は同13日15時~を予定する。