買う 暮らす・働く

ジーンズメイト、新コンセプトで秋葉原に再出店-「アンドロイド」による接客軸に

アキバあそび館JAM学園が出店するAKIBAカルチャーズZONE

アキバあそび館JAM学園が出店するAKIBAカルチャーズZONE

  •  

 ジーンズメイト(渋谷区)は10月28日、「アキバあそび館『JAM(ジャム)学園』」を出店する。場所は「AKIBAカルチャーズZONE」(千代田区外神田1)4階。

同店キャラクター「汎用アンドロイド A-JM00」

 同社は2009年12月、カジュアルウエアと服飾雑貨など従来の同社店舗の品ぞろえのほか、キャラクターグッズなどを取りそろえる新業態店舗として秋葉原に「アキバあそび館」を出店し営業を続けてきたが、今年5月、多層階構造を生かすことができなかったことなどを理由に閉店した。

[広告]

 しかし今回、秋葉原への再出店を決意。新店舗となる「アキバあそび館JAM学園」では、スタッフをアンドロイドに見立て、若いアンドロイドたちが社会性や協調性を学ぶために設立された「JAM学園」でメードコスチュームを身に着け、来店客と接しながら衣料品を販売することで成長していく「近未来型の購買部(カジュアルショップ)」をコンセプトに掲げる。

 さらに、キムラダイスケさんがデザインを手掛けたオリジナルキャラクターを展開。店内では、声優・加藤英美里さんのアナウンスを流す。

 売り場面積は約130平方メートルで、取扱商品はメンズカジュアルウエア全般とバッグ、帽子などの服飾雑貨に注力。イベントなども企画し、多目的空間としての活用も視野に入れる。

 秋葉原への再出店について、同社営業部原田さんは「進化し続ける秋葉原には旧アキバあそび館閉店時から再度出店したいと思っていた」と前置き、「今回の店舗はホビーやキャラクターグッズなどの取り扱いはなく、カジュアルウエア一本で勝負する。アンドロイドによる接客販売を軸にアキバに集まる人たちをおしゃれにしていきたい」と意気込みを見せる。「トークショーなどをはじめ、イベントを随時行い、お客さまを飽きさせないショップを目指したい」とも。

 営業時間は11時~20時30分。11月下旬には声優の伊瀬茉莉也さんを招いたトークショーを予定している。