学ぶ・知る

クレバリー、秋葉原1号店・2号店閉店-インターネット館に統合

クレバリー秋葉原1号店

クレバリー秋葉原1号店

  •  
  •  

 クレバリー(千代田区外神田2)は2月下旬、クレバリー秋葉原1号店(外神田3)と同2号店(外神田3)を閉店する。

クレバリーから「不幸箱3000」

 クレバリーは1991年4月に設立。秋葉原のパソコンショップエリアに1996年12月、PCパーツ全般を扱う秋葉原1号店をオープン。1999年11月にはキーボード、マウス、周辺機器に特化した秋葉原2号店を、2000年には秋葉原3号店(現インターネット館)を出店。自作パソコン・PCパーツ店として、秋葉原に実店舗3店舗とインターネットショップを展開。 さらに、パソコンパーツのブランド「EZ-DigiX イージーデジックス」や、オリジナルパソコン「COORDY'S コーディーズ」を手掛けるほか、オリジナル公式マスコットとしてエプロンを身に着けた「山田クマ」を起用していることでも知られている。

[広告]

 同社は2月10日、両店を閉店することを発表。3月以降は、インターネット館に店舗統合し、インターネット館(統合後名称変更)とインターネットショップを主体とした営業に注力していくという。

 クレバリー秋葉原1号店の閉店は2月26日、同2号店の閉店は同29日。