秋葉原を守る「非公認戦隊アキバレンジャー」、アクションフィギュアに

© 東映AG・東映

© 東映AG・東映

  •  
  •  

 バンダイ(台東区)は6月下旬から、「非公認戦隊アキバレンジャー」の商品展開を始める。

実際の「非公認戦隊アキバレンジャー」

 「非公認戦隊アキバレンジャー」は東映製作の下、4月から放送が始まる特撮ヒーロー番組。ひょんなことからヒーローになった3人組が彼らの聖地・秋葉原を守るというストーリーで、「スーパー戦隊シリーズ」とは一線を画す、「非公認」のヒーローたちが登場する。

[広告]

 同社は同番組関連商品として20~30歳男性をターゲットに、主人公たちをアクションフィギュア化した「S.H.Figuarts アキバレッド」「S.H.Figuarts アキバブルー」「S.H.Figuarts アキバイエロー」を 6月下旬から順次発売。価格は各 3,360 円。

 発売に先駆け、「魂フィーチャーズ VOL.3」(3月31日~4月1日、ベルサール秋葉原)で劇中を再現した巨大ジオラマの展示・商品のお披露目を行う。

 同社は今後、番組に登場する「なりきり武器」や車などを、大人向けのコレクターズアイテムとして続々と展開する予定。「非公認戦隊アキバレンジャー」の商品展開で、初年度3億円の売り上げを見込む。

  • はてなブックマークに追加