食べる

青緑色の麺がインパクト大-「痛焼きそば」登場、食欲を別視点から刺激

ねぎ塩痛焼きそば

ねぎ塩痛焼きそば

  •  
  •  

 ライトクリエート(千代田区外神田3)が運営する秋葉原の居酒屋「小悪魔の宴 LittleBSD」(外神田3)で11月1日、「ねぎ塩痛焼きそば」の提供が始まった。

「気持ち悪いけど美味しい」ねぎ塩痛焼きそば

 10月中旬、秋葉原で開催された地域キャラクター物産観光展「Moe1グランプリ」で同店が販売し、初音ミクのカラーリングをモチーフにしたことからネットなどで大きな反響があったほか、用意した60食が2時間で完売したという同メニュー。

[広告]

 今回、店内で同メニューの提供を開始。青緑色の麺が特徴で、具材はキャベツと豚肉、モヤシ、サクラエビを使用。白ネギと糸とうがらしをトッピングする。価格は650円。

 同メニューについて、同店小悪魔のくーたんさんは「『Moe1グランプリ』出展時、秋葉原にふさわしいメニューの提供をオーダーいただき、不思議な街・秋葉原でないと食べることができない不思議なメニューを販売しようと考案した。食欲を違った視点から刺激するのがポイント」とコメント。「色は気持ち悪いが味はおいしい。そのギャップに萌えを感じて」とアピールしている。

 営業時間は、平日=18時~23時(金曜は翌5時まで)、土曜=17時~翌5時、日曜・祝日=17時~23時。提供は今月30日まで。

  • はてなブックマークに追加