麻生大臣をモチーフにアキバ土産「太郎ちゃんの牛乳カステラ」

  •  
  •  

 お土産商品などを手がける大藤(荒川区)は12月25日より、秋葉原のホビーショップなどで「太郎ちゃんの牛乳カステラ」を販売している。

 同品は「アキバ発」のキャッチフレーズのもと、パッケージ表面には麻生太郎外務大臣をモチーフにした男性のほか、「タロウ13」「青年マジメジン」「凡人チャンピー」やゴシック調少女のイラストが表紙のコミックなどが描かれており、コミックファンで「ローゼン閣下」の愛称でも知られる同大臣をほうふつとさせるデザインが特徴。

[広告]

 パッケージ裏面は、秋葉原電気街のコラージュ写真や「I LOVE AKIHABARA」の文字、「実は『秋葉オタク』の僕です」の吹き出しがついた同キャラクターが印刷されている。中身は6枚にカットされた牛乳カステラで、価格は525円。

 「純ちゃんまんじゅう」などの首相お菓子シリーズやメードクッキーなども販売する同社。広報担当者は今後の「アキバ発」の商品について「秋葉原をテーマにする際、私たちにはどこまで切り込んで良いか、さじ加減が難しい部分があるので、秋葉原のブロガーさんや秋葉原に造詣が深い個人の方々らと連携しつつ商品を考えていきたい」と話している。

大藤

  • はてなブックマークに追加