見る・遊ぶ 買う

山手線全駅で「東京喰種 東京画展」-実在し得ない原作画29枚を掲出

JR秋葉原駅での掲載場所は1階コンコース3番線・4番線エスカレーター横

JR秋葉原駅での掲載場所は1階コンコース3番線・4番線エスカレーター横

  •  
  •  

 JR秋葉原駅をはじめとする山手線全29駅で8月25日から、「東京喰種 東京画展」が開かれている。

秋葉原駅は霧嶋董香「思染」

 「東京喰種」は、人を喰(く)らう怪人「喰種(グール)」が跋扈(ばっこ)する東京が舞台。読書好きの平凡な大学生・カネキは、喰種に襲われ瀕死(ひんし)となるが、喰種の臓器を移植されたことでその能力を受け継ぐ。人間でありたいと願いながら人の命を喰い生き永らえる喰種の衝動が抑えられないカネキは、自分の存在に疑問と葛藤を抱きつつ、喰種と捜査官、そして謎の組織との過酷なバトルに身を投じていく。コミックスは1巻~13巻を発売。累計部数は720万部を超える。7月からはテレビアニメの放送もスタートした。

[広告]

 アニメ放送やコミック最新巻の発売に関連して、展開している広告キャンペーンの一環として開く同展。本来、同作品は作者・石田スイさんによるデジタル作画のため原画が存在しないが、今回特別にデジタル作画したものを出力。作者全面監修の下、オリジナルデータから特殊印刷を行い、本来実在し得ない「デジタル原作画」を作成した。全29枚それぞれにあらためてタイトルを付けて額装し、山手線29駅に1枚ずつ掲出する。

 今月31日まで。