食べる

「きのこ女子大生」が秋葉原で胞子拡散-カフェで考案メニュー提供

きのこ女子大生のみなさんと提供中のメニューの一部

きのこ女子大生のみなさんと提供中のメニューの一部

  •  
  •  

 秋葉原「CHABARA」(千代田区神田練塀町8)内の精進料理カフェ「こまきしょくどう -鎌倉不識庵-」で現在、「きのこ女子大生」が考えたオリジナルメニューを販売している。

 きのこを愛する女子が集い、きのこの魅力を訴求(=胞子拡散)するために発足した「きのこ女子大キャンパスプロジェクト」。メンバーは、「食アスリートジュニアインストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」「野菜ソムリエ」など食に関する資格を持つ全員現役の女子大生で構成する。

[広告]

 同プロジェクト第1弾企画として同店とコラボ。ご飯とみそ汁のセットなどに合わせて来店客が選択する総菜に「きのこ・青菜・にんじん・油揚げのお浸し」「しいたけのマリネ」「3種のきのこと春菊のおろしあえ」をはじめとする、きのこ女子大生が考えたメニューを曜日毎に2~3品提供する。料理に使うきのこは、長野県中野市産。

 価格は、「精進定食」(980円、その日の総菜の中から好きな3品、ご飯とみそ汁のセット)、「口福定食」(1,530円、その日の総菜全種類、ご飯とみそ汁のセット)、「おにぎりセット」(630円~730円、おにぎり2個、好きな総菜1品、みそ汁、提供は14時~)、「おまかせ丼セット」(930円、おまかせ丼、総菜2品、不定期提供)。全品テークアウトに対応する。

 営業時間は11時~20時。29日まで。