秋葉原有料トイレ利用者が2万人突破-1日平均200人

画像は「オアシス@Akiba」内部

画像は「オアシス@Akiba」内部

  •  
  •  

 秋葉原駅東側広場にある有料公衆トイレ「オアシス@Akiba」(千代田区神田花岡町1)の利用者が2万人を超えた。

 同施設は東京都千代田区が「誰でも快適に利用できる安全で明るく清潔なトイレ」の整備モデルとして建設したもの。総工費9,000万円をかけ約160平方メートルの土地に係員が常駐する利用料金100円の有料トイレやパソコン、パンフレットなどを配置した地域案内コーナーを設けている。そのほか、路上喫煙防止を狙い日本たばこ産業(港区)の協力で飲料自動販売機を設置した喫煙コーナーも備える。

[広告]

 千代田区は同施設の利用者数を開設当初、1日=100人の利用を見込んでいたが、今回の発表では1月31日時点での総利用者数が20,801人で、1日平均200人が利用しているという。

 利用者の反応について千代田区広報担当者は「『トイレに100円は高い』という方がいらっしゃるのも事実だが、大部分の方には『とても綺麗で、また利用したい』と好評を得ている」と話している。

関連記事千代田区環境土木部

  • はてなブックマークに追加