食べる

秋葉原の1ポンドステーキ「ヒーローズ」が改装 大型肉オブジェ前面に

ヒーローズステーキハウス秋葉原店

ヒーローズステーキハウス秋葉原店

  •  

 「ヒーローズステーキハウス秋葉原店」(千代田区外神田1)が5月27日、リニューアルオープンした。

 「ヒーローズステーキハウス」はおとぎや(外神田1)が1992年1月、笹塚に出店。秋葉原には1998年6月、フランチャイズチェーン「ふらんす亭秋葉原店」をオープン。10年後の2008年、「ふらんす亭」のフランチャイズを脱退し、同店跡に「ヒーローズステーキハウス秋葉原店」を開業した。

[広告]

 火力が強く厚い鉄板で焼き上げた1ポンド(約450グラム)ステーキと、ステーキでも使える部位の牛肉と国産豚肉を6対4の比率で合わせたひき肉を使った手作りハンバーグを目玉メニューとして提供。客単価は2,300円。14坪24席で月商1,800万円を売り上げる。

 店頭の雨漏りを発端にリニューアルを決めたと話すのは、おとぎや・渡辺社長。店舗の外観を、店名と同店キャラクターをかたどったネオンサイン、同店のステーキ・ハンバーグの写真をメーンに使ったデザインから、フォークに刺さったリアルな肉の大型オブジェと「喰らえ」の文字、舌を出した同店キャラクターに変更。同店のおいしさを来店客の視覚と聴覚にアピールするため店頭に大型モニターも設置した。

 リニューアルについて渡辺社長は「肉のオブジェが秋葉原の観光名所と記念写真の被写体になれば」と期待を寄せる。「『1ポンドステーキ店』としての認知を不動のものとし、『1ポンドステーキ店』としての誇りと喜びを持って日々仕事に精進していきたい」とも。

 営業時間は11時30分~21時45分(土曜・日曜・祝日は11時~、平日11時30分~15時はランチタイム)。