食べる

秋葉原に「小割烹おはし」出店 リビング風の空間で家庭料理

小割烹(こかっぽう)おはし あきはばらりびんぐ 店内イメージ

小割烹(こかっぽう)おはし あきはばらりびんぐ 店内イメージ

  •  
  •  

 商業藝術(渋谷区)は7月22日、秋葉原ダイビル駅前プラザ(千代田区外神田1)5階に「小割烹(こかっぽう)おはし あきはばらりびんぐ」をオープンする。

 同店のコンセプトは、「自宅のリビングでゆったりと、わが家の手作り料理を楽しめる店」。白を基調とした店内には、スタッフとの会話を楽しめるカウンター席、靴を脱いで足を伸ばせる座敷、2~60人が利用できる個室などを設け、友人・家族・接待利用などさまざまなシーンに対応する。席数は109席。

[広告]

 提供するメニューは「プロが作る」家庭料理。「食材の旬や栄養バランスを考え、奇をてらわず、毎日食べても飽きのこない、子どものころに食べた味を思い出すような手作り料理」に職人が腕を振るう。

 ラインアップするのは、ディナー=焼き物、煮物、揚げ物など多彩な「おかず」(550円~)、赤こんにゃくと白湯だしが「めでたい」という紅白おでん「多喜あわせ」(1,580円)ほか。ランチは「色々おかずと小鉢がついたお昼ごはん」(1,000円~)ほか。

 客単価は、昼=1,000円、夜=5,000円。営業時間は11時30分~23時30分。