アニメ「シュタインズ・ゲート」の結末改変 裏側インタビュー特別番組放送へ

  •  
  •  

 TOKYO MXで12月9日、秋葉原が舞台のアニメ「シュタインズ・ゲート」の特別番組が放送される。

 今年7月から再放送されていた同作品。全24話のうち、12月2日25時35分からTOKYO MXとニコニコ動画で放送された第23話で、本来のストーリーを改変した内容が放送された。

[広告]

 何度試みても牧瀬紅莉栖を救えず絶望にとらわれる岡部倫太郎。椎名まゆりは、そんな岡部の頬を張り、諦めないようにと鼓舞する。そして岡部は紅莉栖を救いつつも、第三次世界大戦へと収束する未来を免れる「シュタインズ・ゲート世界線」への道を見いだす、というのがオリジナル版23話の内容だった。

 一方の改変版は以下の通り。絶望に押しつぶされた岡部を気遣うまゆり。岡部は紅莉栖を救うことを諦め、世界の命運を背負うその重責から解放される。しかし、そこは紅莉栖との出会い、ラボメンとして過ごした日々がなかったことになっている世界線だった。罪悪感を抱えたまま過ごす岡部に、「β世界線」はどのような未来を見せるのか…。

 異なる結末を迎えた改変版の「β世界線」での物語は、12月10日に発売予定のPlayStation 4/3/Vita向けゲーム「STEINS;GATE 0」へつながっていくという。

 今回、改変により23話で完結したことから、24話枠で特別ドキュメンタリー番組「Making of STEINS;GATE 0 終わりと始まりのフラグメント」を放送。同番組は、アニメ再放送(=改変版)23話の裏側を宮野真守さん(岡部倫太郎役)、今井麻美さん(牧瀬紅莉栖役)、潘めぐみさん(椎名かがり役)ら出演声優と、いとうかなこさん(オープニングテーマ担当アーティスト)、志倉千代丸さん(企画・原作)、松原達也さん(プロデューサー)らのインタビューで構成する。

 放送は、TOKYO MX=12月9日25時35分~、BS11=同10日27時30分~、ニコニコ生放送=同11日21時30分~。