食べる 見る・遊ぶ

秋葉原「鉄道居酒屋LittleTGV」が新乗務服導入 「ダイヤ改正」も

「鉄道居酒屋LittleTGV」の新乗務服

「鉄道居酒屋LittleTGV」の新乗務服

  •  
  •  

 ライトクリエート(千代田区外神田3)が手掛ける「鉄道居酒屋LittleTGV」(外神田3)が6月3日、新乗務服を導入した。

 新乗務服(=制服)は昨年、同店のオープン7周年記念の一環として、2010年から5年にわたり親しまれてきた制服をリニューアルし、同店のコンセプトである架空の鉄道会社「新秋葉電気鉄道」の3代目乗務服のデザインをプロアマ問わず一般から公募。約30点の応募の中から乗務員(=スタッフ)全員で検討し、デザイン性と実用性を兼ね備えたデザインを採用した。

[広告]

 「鉄道会社の乗務服というコンセプトを崩すことなく、その上で秋葉原らしさも併せ持ったかわいらしいデザイン」(同店)と襟元の2本のラインが特徴。カラーバリエーションは青と赤の2種を用意。同日から全乗務員が着用を始めた。

 5月25日には、「新秋葉電気鉄道ダイヤ改正」(=メニュー改正)として新メニューの提供を開始。フードは「山芋のたまり漬け」(350円)「辛味メンマ」(330円)などのつまみから、「焼き肉サラダ」(780円)、「マーボー焼きそば」(680円)などの食事メニューを追加。「本日の一品」として旬の素材やその日の気候に合わせた日替わりメニューも用意する。

 ドリンクは、限定メニューで人気の高かった日本酒や焼酎をグランドメニューにラインアップ。「『獺祭』純米大吟醸 磨き三割九分」(1,200円)、「芋焼酎『伊佐美』」(650円)、「日本酒3種飲み比べセット」(1,000円)などが新たに加わった。

 合わせて、メニューデザインも新乗務服を着たキャラクターを起用したデザインを書き下ろした。

 営業時間は18時~23時(土曜・日曜・祝日は12時~)。