アソビット・キャラシティ、ビル建て替えで「Mac館」跡に移転

画像はアソビット・キャラシティ外観

画像はアソビット・キャラシティ外観

  •  
  •  

 ホビーなどを取り扱う「アソビット・キャラシティ」(千代田区外神田1)はビル建て替えのため、現店舗を3月25日でいったん閉店し、同31日に「The Mac Store」跡(外神田1)で営業を再開する。

 同店を運営するラオックス(港区)は2002年10月、同店および「アソビット・ゲームシティ」、「アソビット・ホビーシティ」の前身である「アソビット」を旧ミナミ無線ビル(現・ドンキホーテ秋葉原)にオープンした後、2004年4月移転のため現在の3店舗に分散し「1番館」「2番館」「3番館」の名称で営業。2005年8月、「取扱商品がわかりやすいように」との配慮から現在の名称に変更し、現在に至っている。

[広告]

 同ビルでの閉店は、同社が営業戦略面での店舗効率化や経営改革面での固定資産流動化、有利子負債圧縮策の一環で、同店と1月末に閉店したナカウラ本店(千代田区外神田1)をシンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ(千代田区)に55億円で譲渡したためで、今後同店は解体され、再建築後ラオックスが賃借し新装オープンを予定している。

 なお、「The Mac Store」は3月21日移転閉店し、同24日より「ザ・コンピュータ館」でMacコーナーとして営業再開している。

アソビットシティ

  • はてなブックマークに追加