学ぶ・知る

パシフィックネット、「PCNET秋葉原中央通り店」を閉店 店舗部門縮小へ

PCNET 秋葉原中央通り店

PCNET 秋葉原中央通り店

  •  
  •  

 リユースPCショップ「PCNET 秋葉原中央通り店」(千代田区外神田3)が11月26日、閉店する。

 パシフィックネット(港区)が手掛ける「PCNET」。2007年5月、旧ラジオ会館に隣接する今はなきミツウロコビルで営業していた「PCNET 秋葉原駅前店」を閉店し、JR秋葉原駅中央改札口ロータリーの秋葉原センタープレイスビル地下1階に「秋葉原中央口店」を出店した。2009年11月、自作PCパ―ツショップエリアに「秋葉原2号店」を出店したが、「同地区におけるより効率的な小売体制構築のため」(同社)同店を2011年12月に閉店した。

[広告]

 2012年4月、中古携帯電話・スマートフォンなどを販売する「Rmobile秋葉原店」(クレバリー1号店跡)を、2013年10月、中央通りに「PCNETアキバ本店」(メッセサンオー本店・カオス館跡)をオープン。次いで2015年7月、中古パソコン・ジャンク品、ジャンクパソコンなどを扱う「秋葉原ジャンク通り店」(ZOA秋葉原本店跡)をオープンした。

 今年2月には、「秋葉原エリアでの店舗運営効率化」と「秋葉原中央口店の賃貸契約の満了」を理由に秋葉原中央口店とアキバ本店を閉店・統合。アキバ本店をリニューアルし、旗艦店「秋葉原中央通り店」として出店した。

 今回、店舗統合のため「秋葉原中央通り店」を閉店。以降のサポートは「秋葉原ジャンク通り店」と「Rmobile秋葉原店」で受け付ける。

 同社のIR情報によるとネット販売の急速な拡大と顧客の購買行動の急速な変化により、多くの実店舗型の小売業は大きな影響を受けている一方で、同社が取り扱う中古情報機器は「個々に状態が異なること」「動作確認が必要であること」などから商品または販売元の信頼性が重視される傾向にあるため、同社の店舗は現時点では他の小売業のような影響はほぼ受けていないという。

 しかし、小売業を取り巻く事業環境から店舗部門の成長を見込むのは困難なほか、今後の顧客の購買行動や事業環境の変化のリスクなどを鑑みて、店舗部門は縮小し、サーバーほかIT資産を導入・運用から廃棄まで管理するLCM(ライフサイクル・マネジメント)を中心とした法人向けサービスに注力するという。

 12月1日付けで「秋葉原中央通り店」の店舗物件の賃貸借契約上の借主をCCC傘下のイオシス(大阪市中央区)に承継する予定とも。

 「PCNET 秋葉原中央通り店」の営業時間は11時30分~20時。

  • はてなブックマークに追加
デジハリ大