学ぶ・知る

秋葉原のNEC店舗型ショールーム「クラサバ市場」が閉店 田町に移転へ

クラサバ市場

クラサバ市場

  •  

 秋葉原のNECショールーム「クラサバ市場」(千代田区外神田1)が12月28日、移転のため閉店する。

 2005年6月、「見て、触れて、納得できる『見』体験ゾーン」をコンセプトに掲げ、神田明神下交差点近くに出店した同店。これまで、NECのサーバ、PC・タブレット端末、ソフトウェア、ネットワーク商品などの展示・デモンストレーションをはじめ、動くサーバを生で見られる店舗型ショールームとして営業してきた。

[広告]

 今回、NEC本社の膝元である田町(港区)に移転するため秋葉原の「クラサバ市場」を閉店する。

 移転・閉店の経緯についてNEC広報担当者は「開設から12年半。ここ数年は、テクノロジーの進化や新しいビジネスモデルの台頭など企業を取り巻く環境が大きく変化した。『クラサバ市場』でご紹介するものも、顔認証やAIほか新しい技術を使ったソリューション、セキュリティー、働き方改革など課題解決型のものが多くなった。一方でセミナー会場での実機展示のような、セミナーとデモが一体化された『体感の場』を求める声も増え、現在の場所で活用するには少し手狭になったため」と話している。

 「これまで長きにわたり秋葉原で営業を続けてこられたのは、ひとえに企業や団体のお客さま、SI’erや販売店・SEの方々、ITを勉強されている学生さん、周辺店舗のみなさまなどさまざまな方々の暖かいご支援のおかげ」とも。

 新天地・田町でのオープンは来年2月1日を予定する。