見る・遊ぶ

つくばエクスプレスがダイヤ改正 「守谷追越設備」稼働で利便性向上

  •  
  •  

 つくばエクスプレスを運営する首都圏新都市鉄道(千代田区神田練塀町)が3月17日、ダイヤ改正を行う。

 今回のダイヤ改正では、昨年11月に完成した「守谷追越設備」を活用して列車の運転パターンを変更するほか、夕夜間時間帯の輸送改善などを図る。

[広告]

 快速が普通列車(=各駅停車)を追い抜く駅を、現行の流山おおたかの森から、八潮と守谷の2駅に変更する。これにより、快速から普通への乗り換えが、南流山(八潮で追い抜いた普通へ乗り換え)と守谷の2駅で可能になり、快速の利便性が向上したという。

 このほか、現行ダイヤでは、日中時間帯のつくば発秋葉原行きのうち、快速・区間快速の運転間隔が最大25分空いているが、運転パターンの変更と運転間隔の見直しにより、運転間隔を4分短縮した最大21分に。八潮での快速と普通の待ち合わせも解消。秋葉原~守谷間で、終点まで先着する列車本数を1時間あたり2本増やし、混雑の平準化を図る。

 夕夜間時間帯の輸送では、平日ダイヤの17時台~19時台(下り)に秋葉原発 守谷行き普通を計5本増発。秋葉原発17時30分快速つくば行きを、通勤快速つくば行きに変更するほか、 通勤快速と普通の接続パターンを変更し、すべてのつくば行きが八潮と守谷でそれぞれ普通に接続するようになる。

 さらに、列車を増発。平日ダイヤでは、現行比12本増発と区間延長1本で総運転本数が456本に、土曜・休日ダイヤでは区間延長1本で総運転本数が384本になる。

  • はてなブックマークに追加