食べる 買う

秋葉原のチーズタルト専門店「パブロ」が2店舗閉店 コロナの影響で

「パブロ秋葉原店」営業時の様子

「パブロ秋葉原店」営業時の様子

  • 5

  •  

 チーズタルト専門店「PABLO(パブロ) 秋葉原店」(千代田区神田佐久間町1)と「PABLO mini(パブロミニ)秋葉原店」(外神田1)が11月30日、閉店した。

 「パブロ秋葉原店」は2015(平成27)年5月、つくばエクスプレス秋葉原駅直結の駅ビル「アキバ・トリム」1階に出店。「焼きたてチーズタルト」(1ホール=約15センチ)や焼き菓子などを販売。駅乗り継ぎの合間や手土産を探すビジネスマンなどにも対応してきた。

[広告]

 「パブロミニ秋葉原店」は、JR秋葉原駅電気街口前に2016(平成28)年2月に出店。直径約6.5センチのチーズタルト「PABLO mini」1号店としてさまざまなフレーバーの手のひらサイズのチーズタルトを主力に販売してきた。

 しかし、新型コロナウイルスの影響を大きく受ける中、業績回復に努めてきたが、継続していくことが困難になったことから閉店を決めたという。