見る・遊ぶ 暮らす・働く

アニメ「ぶらどらぶ」、秋葉原の献血ルームでコラボ展示

©2020 押井守/いちごアニメーション

©2020 押井守/いちごアニメーション

  • 61

  •  

 アニメ「ぶらどらぶ」コラボレーション企画が7月1日、「akiba:F献血ルーム」(千代田区外神田1)で始まる。

[広告]

 総監督・原作・シリーズ構成を押井守さんが、製作をいちごアニメーションが手掛ける「青春献血スラップスティックコメディ『ぶらどらぶ』」。献血に情熱のすべてを燃やす「重度の献血マニア」の女子高生・絆播貢(ばんば みつぐ)と、いつもおなかをすかせた美少女吸血鬼・マイ。聖十文字学園の学生たちを巻き込んだ、「血」を求めて繰り広げられる騒動の日々を描く。3月からVOD配信を始め、7月には地上波放送も予定している。

 今回、地上波放送に先駆けて秋葉原の「akiba:F献血ルーム」でコラボ企画を展開する。期間中、会場では、作品の原画や展開中のオリジナルグッズ、アパレル商品を展示。献血協力者には先着でオリジナルステッカーを進呈する(数量限定、なくなり次第終了)。見学のみの入場不可。

 受付時間は9時~17時30分。9月30日までを予定する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース