見る・遊ぶ 買う

アキバ経済新聞上半期PV1位は鉄道グッズ専門店出店

レールヤード秋葉原(レールヤード公式ツイッターから)

レールヤード秋葉原(レールヤード公式ツイッターから)

  • 0

  •  

 アキバ経済新聞2022年上半期ヘッドラインニュースPV(ページビュー)ランキング1位は、鉄道グッズ専門店の出店を伝える記事だった。

[広告]

 ランキングは、今年1月1日から6月29日までに配信した「ヘッドラインニュース」のPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. 秋葉原駅にJRオリジナル鉄道グッズ専門店の2号店(4/20)

2. 秋葉原の「ガンダムカフェ」閉店迫る 12年の歴史に幕(1/29)

3. ソフマップがJR秋葉原駅前に総合店舗出店 「ツクモ」跡、今春開業へ(2/5)

4. ナムコ、「ウマ娘」コラボ展開へ 秋葉原にはポップアップショップ(5/26)

5. 「たべっ子どうぶつ」がたい焼きに セガのたい焼き秋葉原店で販売(4/12)

6. 秋葉原に卵バイキング「幻の卵屋さん」期間限定出店 90種類日替わりで(2/3)

7. 秋葉原中央通り沿いにアミューズメント施設「ゲームパニック」 アドアーズ跡(2/24)

8. 秋葉原のスーパーホテルに「進撃の巨人」ルーム 執事エレン・リヴァイが出迎え(3/15)

9. ヨドバシアキバに「アウトドア自販機」 TIMEX時計やデリー監修アウトドアカレー販売(4/15)

10. 神田明神 明神会館で新年祝う「お屠蘇膳」 持ち帰り「おせち瓶詰」も (1/1)

 1位の「ジェネラルストア・レールヤード」は、2017(平成29)年、大宮駅に1号店をオープンしたJR東日本グループが手掛ける鉄道グッズ専門店。車両基地(=レールヤード)をモチーフに、鉄道古物や車両素材をリメーク・リサイクルしたグッズのほか、普段使いできるグッズや土産商品などを販売してきた。同店の2号店がJR秋葉原駅昭和通り口改札外にオープンした。出店記念グッズもラインアップするなど注目を集めた。

 2位は「ガンダムカフェ」の閉店を伝える記事。2020年には移転リニューアルオープンしたが、「YOKOHAMA Satellite(ヨコハマサテライト)」以外の秋葉原、お台場、大阪、福岡の「ガンダムカフェ」をすべて閉店。開業から12年の歴史に幕を下ろした。なお、「ガンダムカフェ」の跡地には6月、BANDAI SPIRITSが大人向けコレクターズ商品の統一ブランド「TAMASHII NATIONS(魂ネイションズ)」の直営フラッグシップショップ「TAMASHII NATIONS STORE TOKYO」を移転リニューアルオープンして営業をスタートした。

 3位と7位は、ソフマップ総合店とアミューズメント施設の開業について。コロナ禍で閉店が相次ぎ空きビルが目立つ秋葉原の街に活気が戻ることを期待する声などがあがった。

 そのほかには、飛ぶ鳥を落とす勢いの「ウマ娘」、「グッズがかわいい」と若者世代に人気を集めている「たべっ子どうぶつ」、4月に「The Final Season Part2」最終回を放送したテレビアニメ「進撃の巨人」などとのコラボレーションも明るい話題を提供した。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース