見る・遊ぶ 買う

秋葉原でオークション開催へ フィギュア、鉄道グッズなど300品以上が出品

前回の秋葉原オークション開催時の様子

前回の秋葉原オークション開催時の様子

  • 0

  •  

 「秋葉原スペシャルオークション」が7月18日、秋葉原UDX(千代田区外神田4)で開かれる。

[広告]

 秋葉原で定例開催するオークションとして3月に始まった「秋葉原オークション」。3回目となる今回は、フィギュアやトレーディングカード、セル画などのほか中古楽器のギターやサックス、鉄道部品が多めに出品されるという。

 当日は参加者が会場でパドルを挙げて競り合う。オークションはオンライン入札に対応するほか、ユーチューブライブで会場の様子の配信も予定する。出品数は約350アイテム。スタート価格は1万円から。入札は事前登録が必要。前日の17日には、実際に出品物を下見できる「下見会」を開催する。

 開催時間は11時~16時(17日の下見会は12時~18時)。入場無料。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース