SNS「プレセペ」運営のハイブ、女性向けドラマCDレーベルを設立

©里見 蘭/講談社<br>画像は「獣のごとくひそやかに-言霊使い-」

©里見 蘭/講談社<br>画像は「獣のごとくひそやかに-言霊使い-」

  •  
  •  

 アニメファン向けSNS「presepe(プレセペ)」を運営するハイブ(千代田区外神田5)は女性向けドラマCDレーベル「Anchusa(アンチューサ)」を、新たに立ち上げることを明らかにした。

 「アンチューサ」は、同社内で「女性ならではの視点による、女性が楽しめるドラマCDを提供したい」という企画から生まれ、設立されたレーベルで、女性スタッフが中心となって企画・制作するのが特徴。現時点で第1弾と2弾のリリースが決定しており、詳細は以下の通り。

[広告]

 第1弾では、「仮面ライダー電王」に出演中の中村優一さんらが声優として参加する「獣のごとくひそやかに-言霊使い-」(3,150円)が7月30日に、第2弾では「仮面ライダー響鬼」に出演した松田賢二さんらが声優として参加する「されど月に手は届かず 魍魎の都」(3,150円)が8月30日に、それぞれ発売を予定している。

 同社広報担当者は今回の新レーベル設立について「毎日の仕事、家庭、育児等のもろもろのことと戦っている女性にとって、『Anchusa』のCDが日々の生活の中での癒しになれば」と期待を寄せている。

プレセペアンチューサ

  • はてなブックマークに追加