デジハリ大学院が「セカンドライフ×ポッドキャスト 研究プロジェクト」

  •  
  •  

 デジタルハリウッド大学大学院(千代田区外神田1)は、同校の「三淵ゼミ」と「セカンドライフ研究所」の活動の一環として、ポッドキャスト推進団体「Podium(ポーディアム)」と共同で「セカンドライフ×ポッドキャスト 研究プロジェクト」を立ち上げることを明らかにした。

 同プロジェクトはインターネット上で配信されているポッドキャストの番組コンテンツを、中継サーバーを介して番組管理し、セカンドライフ内のラジオ型オブジェクトへ選択された番組をストリーミング配信するもの。ポーディアムは番組コンテンツ提供の面で協力する。

[広告]

 一方、三淵ゼミは、番組コンテンツ管理システム(C-CMS)の開発と、セカンドライフ内でポッドキャスティング番組を再生するためのラジオ型オブジェクトを制作。これにより、セカンドライフ内でユーザーはラジオ型オブジェクトを入手し、ポッドキャスティング番組(11タイトル)から希望の番組を選択することでストリーミング聴取することが可能となる。

 三淵ゼミとセカンドライフ研究所は他に先駆けて次世代インフラと次世代メディアへ期待されるシナジー効果に着目し、新たなコンテンツ配信サービスの可能性を実験・検証を行なっていきたいとするほか、今後ラジオ型オブジェクトをセカンドライフ内のさまざまな場所で無料配布するという。

関連記事(デジハリのセカンドライフ講座がリニューアル)デジタルハリウッド大学院

  • はてなブックマークに追加