アニメ検定実施に向けトークセッション-1回目は桃井はるこさん

画像は桃井はるこさん

画像は桃井はるこさん

  •  
  •  

 東京アニメセンター(秋葉原UDX4階)を中心とするアニメ検定実行委員会は7月30日、「全国総合アニメ文化知識検定試験(アニメ検定)」に向けて複数回開催する「アニメ検定トークセッション」の概要を発表した。

 「アニメ検定」は日本のアニメの拡大と交流を目的に、今年11月23日の実施を予定しており、うんちくや知識自慢といった「楽しい」問題を中心に出題し、アニメファンのすそ野の拡大を狙うほか、世界各国での実施も視野に入れる。

[広告]

 今回発表となった「アニメ検定トークセッション」は、アニメ検定の受験対策として7月21日に発売された「アニメ検定公式問題集2007 全国総合アニメ文化知識検定模擬問題集」の項目をもとに、アニメ界の著名人が講演を行うもの。トークセッションは8月~11月、毎回異なったテーマとゲストで複数回の開催を予定。開催場所は文京学院大学文京学院短期大学本郷キャンパス(文京区)で、定員は100人。受講費はそれぞれ3,500円。第1回目となる8月4日は、声優の桃井はるこさんが、「声優と音響、音楽と主題歌」をテーマに講演するという。

 アニメ検定実行委員会担当者はトークセッションについて、「検定実施に向け、受験者に対しての情報発信とアニメに関しての楽しさを広めていければ」と話している。

関連記事(アニメ検定問題集出版記念で公開イベント-メードらも出席)アニメ検定

  • はてなブックマークに追加