九十九電機、MMORPG「ファンタジーアース ゼロ」推奨PC発売

  •  
  •  

 九十九電機(千代田区外神田3)は10月18日より、オンラインゲームの開発・運営を行うゲームポット(港区)の「ファンタジーアース ゼロ」推奨パソコン「eX.computer Gamers GB31J FEZ推奨モデル」の販売を開始した。

 「eX.computer Gamers GB31J FEZ推奨モデル」は最新のCPU インテルCore2Duoプロセッサ E6750、NVIDIA GeForce 8600GTを搭載し、「ファンタジーアース ゼロ」を「快適」にプレイすることが可能。併せて、購入特典としてオリジナル壁紙のほか、ゲーム内アイテムチケット「ハイリジェネレート」や「精錬の書」などを同梱する。メモリーは2GBで、HDDは320GB。販売価格は11万9,800円から。

[広告]

 「ファンタジーアース ゼロ」は2006年2月にサービスが開始された「ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン」の世界観を受け継ぐ、Windows用多人数同時参加型アクションロールプレイングゲーム。 常に5つの国の王が覇権を争っている世界「メルファリア」を舞台に、プレーヤーはいずれか1つの国を選び、王の命に従って仲間と共に大陸の統一を目指して戦うというもの。

 昨年12月にサービスが開始。今年9月には累積登録者会員数が30万人を突破している。

ファンタジーアース ゼロ九十九電機

  • はてなブックマークに追加