クレバリーオリジナルコンポーネントキャプチャカードが発売

画像=オリジナルブランドのコンポーネントキャプチャカード

画像=オリジナルブランドのコンポーネントキャプチャカード

  •  
  •  

 クレバリー(千代田区外神田2)は11月下旬、同社直営店などでオリジナルブランドのコンポーネントキャプチャカードの販売を開始した。

 同商品はPCI Express 1x対応のキャプチャカードで、コンポジット入力、S端子入力に加えコンポーネント入力にも対応した商品。コンポーネント入力を使用した場合D1:480i~D4:720pで高精細な動画を取り込むことが可能。音声入力は他サウンドカードなどから行う仕組みとなっている。また、キャプチャソフトウエアでのCPU処理により、リアルタイムエンコードにも対応する。

[広告]

 付属品は、映像入力コネクタ分岐ケーブル、ドライバディスク。キャプチャソフトウエアは付属せず、同社ではWindows Media Encoderを推奨している。動作環境はCPU=Core2 Duo、Athlon64 X2以上(クロック2GHz以上推奨)、メモリ=2GB以上、HDD=SATAIIインターフェース接続(無圧縮取込時はRAID0必須)。販売価格は13,280円。

PCパーツのクレバリー、「不幸箱3000」を発売(アキバ経済新聞)クレバリー

  • はてなブックマークに追加