凸版、子育て支援事業に参入-ユーザー参加型サイトを開設

©2007 TOPPAN PRINTING CO., LTD.<br>画像=「こどもば」サイトトップ

©2007 TOPPAN PRINTING CO., LTD.<br>画像=「こどもば」サイトトップ

  •  
  •  

 凸版印刷(千代田区神田和泉町1)は1月23日、子育て支援を目的とした地域密着型・生活者参加型の情報コミュニケーションサイト「こどもば」を開設した。

 同サイトは無料会員制で、0歳~12歳の子どもを持つ世帯向けに、地域の子育て支援情報を提供することを目的としたもの。今回は評価版として、首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)エリア対応の「こどもば」をオープン。子育て世帯の一般ユーザーである地域情報ライター「調査隊」が、各エリアのスポットを子育て目線でレポートするほか、地図情報検索サイト「Mapion(マピオン)」と連携し、地図上に地域の子育て支援情報を表示。気になるポイントをクリックすると「調査隊」や他のユーザーのコメント付き情報が閲覧できる。また、親密度・信頼度の高い情報収集を可能にするため、ユーザーはコメント投稿や、友人・知人にサイトを紹介するとポイントが貯まり、貯まったポイントを協賛企業からのサンプル品の「お試し」、景品交換やプレゼント応募などに利用できる仕組みを盛り込む。

[広告]

 今後、自治体と協力したサービス展開も視野に入れており、単なるバーチャル上のソーシャルネットワークではなく、人と人、地域と人とをリアルに結び付けるための場として、「子育て世帯・地域(自治体含む)・企業が三位一体となって、地域コミュニティーを創出・再生する場」を目指すという。定期的に参加型のアートイベントや子育て力強化のためのセミナーの実施も予定する。     

 4月に本格稼動し、順次対応エリアを拡大、全国展開を図っていく。今年度の目標会員数は25万人(うち「調査隊」=1,000人)、売上目標は2億円。

凸版印刷、交通広告連動サイト「電車 DE しゅふー!」開設へ(アキバ経済新聞)凸版印刷、ブログ広告「開けてびっくり!マル秘NEO」を提供開始(アキバ経済新聞)凸版印刷

  • はてなブックマークに追加