天気予報

25

19

みん経トピックス

外国人留学生向け就活フェアスピーカー内蔵プレーヤー

アキバに「本物」の猫カフェ「ねこ・JaLaLa」-7匹程度が「出勤」

  • 0

 秋葉原電気街・芳林公園近くに1月25日、ねこカフェ「ねこ・JaLaLa(ねこじゃらら)」(千代田区外神田3、TEL 03-3258-2525)がオープンした。

 同店は、本物の猫と触れ合うことができるカフェ。店内はオレンジ色を基調としたナチュラルカラーのインテリアを配置するほか、段差やクッション、ソファなどを取り入れ、猫に配慮した環境を整える。店内は靴を脱いで入店するシステムで、来店客が常時7匹程度在籍する猫と遊ぶことでリラックスできる空間が特徴。コーヒーやソフトドリンクなどのドリンクメニューの提供も行う。

 オープンについて同店経営者は「猫が好きだが触ったことがない、触り方がわからないといった方も来店していただき、猫と遊びながら猫を好きになってワンランク上の猫好きになってもらいたい」と話している。気まぐれな性質をもつ猫だが、猫に与えるストレスについては「猫は触れてほしくないときは上の方で寝ているし、寝ている猫を無理に起こすなどしなければ特に問題はない。猫はよく馴れているのでルールを守って楽しんでもらえれば」という。秋葉原での出店については、「猫好きはどこまでも足を運ぶことと、人や情報が集まる街であるため、潜在的な需要はあると思ったため出店を決めた。しかし、何よりも、ここは私の地元なので」とも。

 料金は時間制で、最初の30分=500円、その後10分ごとに150円が加算される仕組み。ドリンクは別途300円から。営業時間は11時~19時。猫の状態などによっては休みになる場合もある。

「ねこ・JaLaLa」店内(関連画像)同店に在籍する猫(関連画像)とらのあな本店に「魔法ネコ」をテーマにしたカフェ(アキバ経済新聞)猫耳メード「でじこ」の誕生記念で「デ・ジ・キャラット生誕祭」(アキバ経済新聞)ねこじゃらら

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

JR東日本は5月、JR秋葉原駅隣接地で「ホテルメッツ秋葉原(仮称)」の建設に着手する。場所は、昨年5月から解体が進められていたJR東日本秋葉原ビル跡。画像は同ホテル外観イメージ
[拡大写真]

アクセスランキング