ホール利用とセットの宿泊パック、春に向け問い合わせ増加

  •  
  •  

 ビジョンデザイン(千代田区鍛冶町)が運営する貸ホール・貸会議室「ビジョンセンター秋葉原」(千代田区神田淡路町)は、複合サービス「宿泊パック」の販売を今年1月から始め、以降、問い合わせが増加しているという。

 ビジョンセンター秋葉原は、新日鉄都市開発(中央区)と同社の共同開発により昨年3月にオープンしたホテル・レストラン・貸しオフィスなどを併設する「オークプラザ」内の施設。デザイン性に配慮した会議室やホールなどのレンタルを行っている。「宿泊パック」は、同施設のホール利用と、オークプラザ内にある「マイスデイズ御茶ノ水」1泊、同プラザ内での飲食を組み合わせたワンストップサービス。料金は、1泊3食付きで1人19,740円から。8人以上で同サービスが利用できる。

[広告]

 問い合わせが増加していることに関して、同社広報担当者は「プラン販売直後は、月に1件程度だった問い合わせが、現在は10件程度に増加している。特に、今年春に行われる新入社員研修や、キックオフミーティングなどでの利用問い合わせが多い」と話す。利用客の反応については「学生に向けた就職説明会や、社員研修などに利用する企業にはデザインの良さなどで好評を得ている」(同)と話している。

TX秋葉原駅直結の大型複合ビル、阪急電鉄が概要明らかに(アキバ経済新聞)近畿日本ツーリストが女性向け旅行サイト-若手女性社員が企画(アキバ経済新聞)ヴィジョンデザインオークプラザ

  • はてなブックマークに追加