アキバにサーキットバー「KYOSHO AKIHABRA」-京商直営

画像=KYOSHO AKIHABRA店内

画像=KYOSHO AKIHABRA店内

  •  
  •  

 京商(神奈川県厚木市)は4月17日、商業施設「AKIBA TOLIM(アキバ トリム)」に「KYOSHO AKIHABRA」(千代田区神田佐久間町1)をオープンした。

 「KYOSHO AKIHABRA」は「気軽にRCカーに触れ、夢中になれる空間」としてオープンするもので、同社オフィシャルショップの第2弾となる。

[広告]

 白を基調とした「ラボラトリー」がコンセプトの約75坪の店内には、同社の新ラジコンカーシリーズ「dNaNo」専用サーキット(最大28メートル)を設置するほか、初心者向けにフォロースタッフが常駐する「教習コース」を設ける。壁には液晶画面を設置し計測されたラップタイムを表示。レースを観戦しながら利用できるカウンタバーやラウンジも備え、ソフトドリンク・アルコール、フードを提供する。

 サーキット料金は300円~。取扱商品は、ダイキャストカー=京商オリジナル、Jコレクション、京商ダイキャスト・フェラーリ・コレクション、RCモデル=dNaNo、ミニッツ、RCバス、トレーラー、ミニューム、2足歩行ロボット=マノイ。バーメニューはビール=500円~、ソフトドリンク=300円~、スナック=200円~。

 同社鈴木社長は「ホビーに真剣なこの街、秋葉原で、1人でも多くのお客様に『ここが自分にとってのユートピアだ』と思ってもらえれば」と話している。今後同店では、同店オリジナル商品の発売やdNaNo専用サーキットを用いたイベント、サーキットパーティーも行っていく予定だという。

 営業時間は11時~21時。

壁にディスプレーされた同社製品(関連画像)併設するサーキット(関連画像)京商、RCカーに新シリーズ-ICタグ搭載で走行履歴保存を実現(アキバ経済新聞)京商

  • はてなブックマークに追加