天気予報

12

8

みん経トピックス

エリザベスの胴体から…漫画をチャリで出前

秋葉原に和装リフレ&カフェ-大正時代の設定で奥ゆかしさ再現

秋葉原に和装リフレ&カフェ-大正時代の設定で奥ゆかしさ再現

画像=ほぐし茶屋 霞スタッフイメージ

写真を拡大 地図を拡大

 秋葉原に10月、和装リフレ&カフェ「ほぐし茶屋 霞」(千代田区外神田3、TEL 03-3256-9455)がオープンした。

ほぐし茶屋 霞 カフェスペース(関連画像)

 同店は大正時代を舞台にしたカフェを併設するリフレ店。「でしゃばらず、奥ゆかしく慎ましやかな、大正時代の女の子(同店スタッフ)と旦那様・お嬢様(来店客)が集うお茶屋」(同店)をメーンコンセプトにする。リフレを「ほぐし」、カフェを「茶屋」と呼び、「霞娘(かすみむすめ)」と称した同店スタッフが接客・施術を行う。約27平米の店内にはリフレシート=5席、茶屋=10卓20席を設けた。「おもてなしとマナー(接客)」のスキルを磨くため、日本舞踊の家元や女優を講師として招き、研修を行っているという。

 料金は、足裏ほぐし30分(お茶付き、3,500円)ほか、娘にぎり2個セット(おしんこ・みそ汁付き、750円)ほか。客単価は1,000円~3,500円。

 「リフレ×カフェ×和」の組み合わせで出店した経緯について、同店プロデューサーは「『疲れきった旦那様・お嬢様を癒したい』と思った際、カフェだけでは物足りないためリフレを導入した。また、最近のメードカフェに足りない接客やマナーを重視し、おもてなしを強化したいと思ったため『芯が強く一歩二歩引いて旦那様を立てる』大正時代の奥ゆかしい女性像をイメージして教育した」と話す。

 営業時間は11時~21時。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

秋葉原に3月23日、ハンバーグダイニング「issa」がオープンした。店内には、前身の豆乳カフェ営業時に活躍していたゆるキャラ「ちょうせい豆乳くん」の姿も
[拡大写真]

アクセスランキング