「秋葉原せんべい」1日半で完売-新たなアキバ土産に

  •  
  •  

 ラオックス(港区)が運営するアソビットキャラシティ(千代田区外神田1、TEL 03-3257-2590)で8月11日から「秋葉原せんべい」が数量限定で販売された。

 商品は煎餅に「萌え」や「絶対領域」など秋葉原色の強い文字をプリントしたのが特徴で、種類は全12種。ターゲットは、コミックマーケットの上京者やお盆休みの秋葉原観光客。価格は1枚210円で、12枚セットは2,520円。販売に備えて600枚を用意したが12日17時頃完売したという。同店店長は、「今後は無装飾だったパッケージを改良し、秋葉原的要素を含んだイラストなどをプリントして常設の販売化も考えている」と話している。

[広告]

 同店では秋葉原グッズとしてオリジナルキャラクター「おてんちゃん」をプリントしたおでん缶も販売しており、購入者の反応について「秋葉原名物のおでん缶とおてんちゃんの萌え要素の組み合わせが秋葉原土産として好評」だという。

ASOBITCITY

  • はてなブックマークに追加