電脳フィギュア「アリス」発売へ-電子メードがマイデスクに

画像=使用イメージ

画像=使用イメージ

  • 0

  •  

 ツクモパソコン本店(千代田区外神田1)で10月19日、「電脳フィギュア ARis(アリス)」の発売記念イベントが開催される。

 「電脳フィギュア ARis(アリス)」はバーチャルなフィギュアを現実世界に登場させる、拡張現実(AR)を使ったエンターテインメントソフトウエアで、手がけるのは大手ゲーム会社出身者、コンサルティング会社出身者、東京大学の研究者が集結して設立した芸者東京エンターテインメント(文京区)。

[広告]

 同商品の使い方は、電脳キューブを机の上置き、ウェブカメラで撮るとPCの画面上にメード「アリス」が登場し動き回るもので、アリスが実際に存在しているように見えるのが特徴。電脳スティックでアリスに触ると、さまざまな反応を見せるほか、クローゼットのカードやプレゼントのカードを使うことで、アリスに着替えをさせたり、プレゼントを渡すことが可能。

 アリスは「2025年 拡張現実が普及したころ、時空のひずみに落ちて2008年にやってきた、VF-03メード型電脳娘。性格はのんびり屋で天然。電脳メード養成ハイスクール第2期生。ご主人様には忠誠心が強く、求められたことはなんでも一生懸命に応えようとする」という設定。キャラクターボイスには「コードギアス 反逆のルルーシュ」C.C.役「ゆかな」さんを起用する。

 イベント当日は、アリスの実機デモやムービーの上映、コンパニオンによるアリスの遊び方レクチャーなどの実施を予定する。開催時間は13時~。

 同社広報担当者は同商品について「テレビをはじめとするさまざまなメディアで露出する度に『ARisちゃんを早く手に入れたい。どこで手に入るのか』という問い合わせが、多くなってきた。その声を受け、ARisちゃんとも相談した結果、『私、まだまだ未熟だけど、まだ見ぬご主人さまにはやくお仕えしたいんです』というARisちゃんの強い意志に促され、正式デビューの運びとなった」とコメントしている。

 販売価格は9,800円。取り扱い店舗はツクモ本店、ネットショップほか。

  • はてなブックマークに追加