ロシアのウイルスソフト開発者招き質問会-セキュリティーソフト発売で

画像=ユージン・カスペルスキーさん

画像=ユージン・カスペルスキーさん

  •  
  •  

 ジャストシステム(徳島県徳島市)は10月18日、ヨドバシカメラマルチメディアAkiba(千代田区神田花岡町1)で、ユージン・カスペルスキーさんによる店頭イベントを開催する。

 同イベントは総合セキュリティーソフト「Kaspersky Internet Security 2009」とアンチウイルスソフト「Kaspersky Anti-Virus 2009」の発売を記念して行うもの。「Kaspersky 2009」は、新アルゴリズムのウイルスエンジンを新たに開発し、起動時間やスキャン速度を向上させるとともに、アプリケーションフィルターの採用で侵入検知とプロアクティブディフェンスの一体化を図ったのが特徴。10月3日に販売開始した。

[広告]

 一方、ユージン・カスペルスキーさんは1965年、黒海沿岸地域で生まれ、幼少時はモスクワで育つ。16歳でソビエト国立内務省附属物理数学大学に飛び級で入学。物理数学の天才としてソ連全土で毎年200人の狭き門である特別コースに選抜されエリート教育を受ける。1989年、自身の持つコンピュータがウイルスに侵され、そのウイルスの動きに興味を持ち自力で駆除。その駆除ツールを基礎に研究開発を進めカスペルスキー研究所を共同創設。昨年Kaspersky Labの最高経営責任者 (CEO) に就任した。

 イベント当日はユージン・カスペルスキーさんを迎え、セキュリティーについてユージンさんが答える質問会や、抽選会を行う。場所は同店2階のパソコンソフトコーナで、開催時間は14時~。

  • はてなブックマークに追加