天気予報

26

18

みん経トピックス

腐女子度合い判定コラボミュージックチャーム

ナースのひざまくらでヘッドリフレ-「あきば女子寮別館」リニューアルで

  • 0
ナースのひざまくらでヘッドリフレ-「あきば女子寮別館」リニューアルで

画像=同店イメージ

写真を拡大 地図を拡大

 「あきば女子寮別館」がリニューアルし12月下旬、「あきば ひざまくらナースステーション」(千代田区外神田3、TEL 03-3256-5758)としてオープンした。プロデュースは「あきば女子寮」の寮生(スタッフ)。

同店スタッフ(関連画像)

 「あきば ひざまくらナースステーション」は、ヘッドリフレによる「活力」と、ひざまくらによる「癒し」、コスチュームによる「エンターテインメント」が三位一体となった「究極のリフレクソロジー」がコンセプト。来店客は、翼が付いたオリジナルのナース服を着用した施術スタッフ「エンジェル」にひざまくらをしてもらいながら、ゲームやリフレを体験できるほか、オプションとして「エンジェルびんた」「ナースコール(=指名)」などを受けることができる。病院をイメージした店内には、カーテンで仕切ったブースを3つ用意。来店客同士の視線が合わないよう配慮する。

 システムは、入り口の「外来受け付け」カウンターでシステムなどの説明後、各ブース(診察室)に移動し、エンジェルによる利用コースの施術がスタートする。コースは、「外来コース」の「ひざまくらdeコミュニケーションセラピー」(30分、3,000円ほか)や、「ひざまくらdeヘッドリフレ」(30分、3,300円)、「入院コース」(20分1,500円ほか)など。客単価は2,000円~3,500円程度を見込む。

 「ナース」×「リフレ」という業態での出店について、同店広報担当者は「秋葉原には現在、『ひざまくら』をウリにしたさまざまなリフレ店があるが、実は秋葉原でのひざまくらサービスの元祖は『あきば女子寮』。そこで、ひざまくらを専門としたリフレ店を展開したいと思ったのがきっかけ。耳かき主体の店は多々あるので、他では体験できない、総合的に疲れを癒すことができるヘッドリフレに注目した」と話す。「ここ最近、秋葉原で『癒し』といえばメードさんだったが、『元祖癒し系』のナースの復権を目指したい」とも。

 営業時間は、平日=13時~21時30分、土曜・日曜・祝日=11時30分~21時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

東京ラジオデパート2階「ビーコンショーケース」に3月、カプセルトイが設置された。画像は、まちなかビーコン普及協議会の公式ツイッターで募集し、応募のあったクリエーターの作品を詰めたカプセルトイ 「Creators'」
[拡大写真]

アクセスランキング