マウスコンピューター、新ブランド「リューモ」立ち上げ-新機種2種発売へ

画像=左:M31 SHINING、右:M41 REVOLVE

画像=左:M31 SHINING、右:M41 REVOLVE

  •  
  •  

 秋葉原で直営店を展開するマウスコンピューター(台東区)は新ブランド「Lyumo(リューモ)」を設立。4月16日から同社のオンラインショップ「iriver e ストア」と「iriver ダイレクト楽天市場店」、マウスコンピューター秋葉原内「アイリバーゾーン」などで新商品の販売を開始する。

 ラインアップするのは「M31 SHINING(シャイニング)」と「M41 REVOLVE(リボルブ)」の2種。

[広告]

 「M31 SHINING」は、シャイニーなボディーコーティングを採用するほか、本体にスライド式USB コネクタを内蔵。USBメモリとして直接パソコンに接続し、ドラッグ&ドロップ操作で、パソコンのデータも持ち運ぶことがでる。カラーはブラックとパープル。重さは、約22g。

 一方「M41 REVOLVE(リボルブ)」は、1.8型液晶と6種類のプリセットイコライザーのほか、「MS PlayFX」を搭載。「3Dヘッドホン」設定と組み合わせれば立体的なサウンド効果を、「PureBass」設定と組み合わせれば、深みのある重低音を楽しむことができるという。操作には、ボディーにタッチキーを採用。色は、ブラックとホワイトの2色を用意。重さは約45g。

 共に、ボイス録音とFMラジオ、カナル型イヤホンを標準装備。容量は4GB。価格はM31 SHINING=4,980円、M41 REVOLVE=5,980円。

  • はてなブックマークに追加