「戦うマフラー女子」コラボポスター、全国の主要アニメショップで掲出

「夜桜四重奏-ハナノウタ-」 ©ヤスダスズヒト・講談社/ハナノウタ製作委員会
「進撃の巨人」 ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
公式ツイッターは@yozakura_anime、@anime_shingeki

「夜桜四重奏-ハナノウタ-」 ©ヤスダスズヒト・講談社/ハナノウタ製作委員会 「進撃の巨人」 ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会 公式ツイッターは@yozakura_anime、@anime_shingeki

  •  
  •  

 テレビアニメ「進撃の巨人」ミカサ・アッカーマンとテレビアニメ「夜桜四重奏~ハナノウタ~」槍桜ヒメの「戦うマフラー女子」コラボポスター掲出が全国の主要アニメショップで始まる。ポニーキャニオン(港区)が10月17日、発表した。

 9月30日~10月7日の1週間、秋葉原、渋谷など一部の都内主要駅でミカサ・アッカーマンと槍桜ヒメ(やりざくらひめ)2人の「戦うマフラー女子」ポスターが掲出され話題になり、ごく一部の地域で、かつ期間限定の掲出だったことから、「見たいのに見られない」というアニメファンからの声が寄せられたという。

[広告]

 同社は今回、アニメショップでも貼りやすいB2タテ型のポスターにリサイズし、全国の主要アニメショップで展開。

 アニメの放送枠が東京エリアで同じ、両作品とも原作が講談社(進撃の巨人=「別冊少年マガジン」、夜桜四重奏=「月刊少年シリウス」)、アニメの映像作品を扱うのが共にポニーキャニオンだったことから成立した。

 「戦うマフラー女子」の魅力について、同社は「マフラーを着用し戦い続けるミカサとヒメ。両者は共に愛する者からマフラーをもらい、それは自分の生きるスタイルを確立させるための物として、単なるマフラーという概念以上の、必要不可欠物として成り立っている」とコメントする。