秋葉原にセットマージャン専門店「Hi・up」出店へ

「Hi・up」店内イメージ

「Hi・up」店内イメージ

  •  
  •  

 秋葉原に6月16日、セットマージャン専門店「Hi・up」(千代田区神田松永町)がオープンする。手掛けるのはライトクリエート(外神田3)。

コスプレ雀荘に関する記事はこちら

 セットマージャンは、知り合い同士で来店して仲間内だけで遊ぶ形式。「1人で来店して見知らぬ人と遊ぶフリーマージャンはルールを十分把握した上で、テンポよく打たなければならないため、初心者には敷居が高い。一方、セットマージャンは仲間同士で打つため、途中でルールを聞いたり難しい局面でも時間をかけて考えたりすることができるため、初心者でも気軽に楽しめるのが特徴」(同社広報担当者)。

[広告]

 店内には点数表示機能付き全自動マージャン卓6卓を設置。3人マージャンの設定や赤牌(はい)、花牌の追加・交換などは予約時に伝えれば店側が事前に準備する。

 メーンターゲットは仕事帰りのビジネスマン。店内では来店直後1杯目のアルコール全員分無料サービスやソフトドリンク飲み放題、丼物をはじめとするフードや手軽なつまみなどの食事を提供。毎日手作りする特製カレー(600円)はキーマカレーをベースにしたフルーティーな味わいが特徴で、毎週月曜日は「カレーデー」として半額で用意する。

 出店経緯について、同社広報担当者は「弊社では10年ほど前からコスプレをしたスタッフとフリーマージャンを楽しめるコスプレ雀荘(じゃんそう)を経営してきた。その中で、お客さまから『会社の仲間とマージャンがしたい』『アニメやコスプレに詳しくない友人たちともマージャンがしたい』『客の入退店が少ないセットマージャン専門店で気の合う人同士で落ち着いてマージャンがしたい』などの意見をたくさん頂いた。そこで、今回はコスプレなどのサブカルチャーから離れ、ビジネスマンやシニアでも親しみやすい店づくりを第一に、純粋にセットマージャンを楽しめる専門店を開くことになった」と話す。

 マージャン店の魅力については「学生のころとは異なり、社会人になると誰かの家に集まってマージャンをするというのはなかなか難しい。この問題をきれいに解決してくれるのが雀荘。そして、何と言っても一番の魅力は全自動マージャン卓。機械が自動的に牌を積んでくれるので、ボタン一つですぐにゲームを始めることができる。当然、牌を交ぜたり積んだりする時間が不要なので、同じ時間でも約3~4割多くのゲーム数を遊ぶことが可能。一言注文すれば、ドリンクや食事をサーブしてもらえるのも大きな魅力」と話す。

 料金は1卓1時間1,600円、延長15分400円。シニア割、女性割、学割なども用意する。

 営業時間は月曜~土曜=15時~24時、日曜定休。