天気予報

23

18

みん経トピックス

「肉ダレ肉めし」提供始まるウルトラマンラリー始まる

秋葉原にサバゲー施設「アソビバ」開業へ-コンセプトは森の中の廃虚

  • 0

 サバイバルゲーム施設「ASOBIBA(アソビバ)秋葉原店」(千代田区外神田3)が2月7日、開業する。

東京マルイに聞いた-盛り上がりを見せるサバゲーの今

 「都心で気軽にサバイバルゲームを」をコンセプトに、これまで郊外が中心だったサバイバルゲームフィールドを都心の駅近くの物件で展開してきたASOBIBA。2013年10月の八重洲に始まり大門・板橋・お台場・神田、桜木町、名古屋、日本橋(大阪)、ハウステンボスに出店。

 10店舗目となる秋葉原店のフィールドコンセプトは、森の中の廃虚。敷地面積約300坪のオフィスビルの中で非日常空間を演出。閉じられた空間の中で相手を狙い・狙われるなど、普段の生活では味わうことができない緊張感を気軽に体験できるという。

 このほか、電動ガン、マスク、迷彩服などのレンタルや初心者向け講習、ゲーム進行の補助などのサービスも提供する。

 同社は、「初心者でも十分に楽しめる設計にするほか、日本発祥の遊びであるサバイバルゲームを海外に向けても情報発信していく」と意気込みを見せる。「ゲーム・映画・アニメなどとのコラボレーションを積極的に行い、より多くの人に従来以上のサバイバルゲームの楽しみ方を提案していく」とも。

 営業時間は10時~22時(貸し切りは24時間利用可)。利用料金は、平日=3,500円~、休日=4,500円(レンタル品費用別途)。プレオープンは2月1日。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

JR東日本は5月、JR秋葉原駅隣接地で「ホテルメッツ秋葉原(仮称)」の建設に着手する。場所は、昨年5月から解体が進められていたJR東日本秋葉原ビル跡。画像は同ホテル外観イメージ
[拡大写真]

アクセスランキング