天気予報

23

18

みん経トピックス

聖闘士星矢30周年展開催マージャン店が2周年

秋葉原のカプセルホテルにVR視聴体験サービス

  • 0
秋葉原のカプセルホテルにVR視聴体験サービス

安心お宿 秋葉原電気街店

写真を拡大 地図を拡大

 カプセルホテル「安心お宿 秋葉原電気街店」(千代田区外神田1)で6月10日、「VR THEATER(VRシアター)」の運用が始まった。

 今回導入した「VR THEATER」は、インターピア(渋谷区)が開発したコンテンツ課金・店頭決済システムと、eje(港区)が運営するバーチャルリアリティー(以下、VR)コンテンツ専用の360度動画ポータルサイト「VR CRUISE」連携の下、店舗内でVRの視聴体験ができるサービス。

 宿泊客はフロントで申し込み後、ヘッドマウントディスプレー「Gear VR」を借り、2階のカフェブース(半個室)の中で利用することができる。

 ラインアップする作品は、「進撃の巨人展 360°体感シアター“哮”」や「「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」 完成版(15分)」など有料コンテンツのほか、無料で視聴できるコンテンツも複数配信する。

 カプセルホテル業界初という「VRシアター」の導入について、「安心お宿」を運営するサンザ(新宿区)は「近年、VRが映画やゲームなどのエンターテインメント分野にも広がり、私たちの身近な生活にも浸透しつつある一方で、VRを体感する上で必要なヘッドマウントディスプレーなどのVRデバイスが高額なため、興味があっても気軽に体験することは難しい」と前置きした上で、「今回の導入により、専用機器を持っていない方やまだVRを体験したことがないという方にも、カプセルホテルに宿泊するついでにお試し感覚で高品質なVRコンテンツを体験してもらえれば」としている。

 VRシアターの利用料金は、基本=30分500円(無料コンテンツ視聴料含む・延長の場合は15分につき250円)、有料コンテンツ=1作品600円(30分の基本料含む)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

JR東日本は5月、JR秋葉原駅隣接地で「ホテルメッツ秋葉原(仮称)」の建設に着手する。場所は、昨年5月から解体が進められていたJR東日本秋葉原ビル跡。画像は同ホテル外観イメージ
[拡大写真]

アクセスランキング