3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

秋葉原に「肉バル ダンテ東京」出店 名古屋発フレンチが装い新たに

肉バル ダンテ東京

肉バル ダンテ東京

  • 0

  •  

 フレンチバル「肉バル ダンテ東京」(千代田区外神田6)が11月25日、秋葉原に出店した。経営はJ・ART(岐阜県)。

 名古屋市内で10年にわたり営業してきたフレンチの店「暖手(だんて)」を東京に移転した同店。店名を「肉バル ダンテ東京」にあらため、フレンチスタイルのカジュアルな肉バルとして出店した。

[広告]

 コンセプトは「うまい肉を、うまいワインで愉(たの)しむ」。内装は「女性同士でも入りやすい明るくオシャレな雰囲気」に仕上げた。総料理長は、国内・海外で経験を積み、大手ホテル総料理長も務めたという北村さんが務める。

 看板メニューの「ダンテステーキ」は、US産ビーフ(肩ロース)を肉のトリミングから下処理まで丁寧に行い、炭火で焼き上げ、鉄板で提供する。ランチは、150グラム~1ポンド(約450グラム)の4サイズから選択可能。価格は、150グラム=1,540円~450グラム=3,040円(ライス・スープ付き)。

 このほか、ディナータイムには同メニューや「Tボーンステーキ」(3,430円)、「北海道産厚切りベーコン炭火焼」(1,360円)などボリュームのある肉料理、「彩り野菜のさわやか自家製ピクルス」(380円)、日によって異なるサイドディッシュなどを用意。6カ国のワイン(2,000~6,200円)やドリンクメニューもラインアップする。

 ランチタイムには、「ローストビーフ丼」(1,080円)、「牛焼肉丼」(980円)、「ダンテのヘルシーサラダごはん(十五穀米)」(980円)など、昼限定メニューを提供する。

 席数はカウンター7席、テーブル62席。客単価はディナー=3,000円~、ランチ=1,000円~。

 営業時間はランチ=11時~14時、ディナー=17時~22時。