見る・遊ぶ

つくばエクスプレス全駅のトイレに温水洗浄便座導入へ

流山おおたかの森駅に設置された温水洗浄便座

流山おおたかの森駅に設置された温水洗浄便座

  •  

 つくばエクスプレスを運営する首都圏新都市鉄道(千代田区)が、各駅の旅客トイレに温水洗浄便座の設置を決定し、3月27日から流山おおたかの森駅と守谷駅で供用を始めた。

 これまで、「使いやすく快適なトイレ」を目指して、2011年度から2015年度にかけて全駅の洋式便器化を完了。昨年春には全駅の洗面台にオートソープと個室にシートクリーナーを導入した。

[広告]

 今回の温水洗浄便座も快適に駅を使ってもらうための取り組みの一つ。流山おおたかの森駅と守谷駅の2駅計21台からスタートし、秋葉原駅をはじめ残り18駅については、本年度以降、順次改修していく。

 全駅への設置(全163台)完了は2019年度内を予定する。