見る・遊ぶ

GW、「秋葉原映画祭」開催へ 15作品中9作品は「発声上映」

  •  
  •  

 秋葉原で5月3日~5日、「第3回 秋葉原映画祭2018」が開かれる。

 アニメ作品を中心に漫画やライトノベル、ゲームなどの原作、アイドルが主演の映画作品を上映する同映画祭。3回目となる今回は、「君の名は。」「ノーゲーム・ノーライフゼロ」「中二病でも恋がしたい!-Take On Me-」「コードギアス 反逆のルルーシュ」ほか計15作品をラインアップする。

[広告]

 15作品中9作品が映画を見ながら声を出せる「発声上映」であることが特徴。声優・久保ユリカさん初主演の実写映画「猫カフェ」、元AKB48野呂佳代さん主演「ハッピーメール」、吉川友さん主演「チャットレディのキセキ」の新作映画3作品は同映画祭でプレミア上映し、舞台あいさつも予定する。

 会場はUDXシアター(秋葉原UDX4階)とアキバシアター(富士ソフト秋葉原ビル2階)。上映作品によって異なる。チケット料金は前売り券=1,500円(プレミア上映3作品と「君の名は。」を除く)。チケットぴあで4月27日23時59分まで販売する。当日券は前売り券の販売で残席が出た場合、当日劇場受付で販売予定。

 併せて、会場近くのライブハウス「秋葉原ZEST」と「cosmicLAB」 で、「秋葉原映画祭2018 in アキバ大好き!アイドルライブ」を開催。同映画祭の半券チケットを提示すると入場料金が500円引きとなる。

  • はてなブックマークに追加