見る・遊ぶ 買う

「駿河屋」、秋葉原に本館開業 8階建て新築ビル1棟丸ごと

駿河屋秋葉原本館

駿河屋秋葉原本館

  •  

 「駿河屋秋葉原本館」(千代田区外神田3)が2月9日、グランドオープンする。

 「駿河屋」はメディアリサイクルショップ「ブックマーケット」などを手掛けるエーツー(静岡市駿河区)のネット通販ブランドとしてスタート。2015年12月、初の実店舗を大阪府高槻市に出店。秋葉原には翌2016年4月、実店舗2店舗目・3店舗目として「駿河屋秋葉原店アニメ・ホビー館」と「ゲーム館」を開業した。

[広告]

 以降、同10月に「秋葉原駅前店」、2017年8月に「トレカ・ボードゲーム館」、2018年3月に「プラモデル館」をオープン。これまでに秋葉原で5店舗を展開している。

 今回、「アパホテル秋葉原駅電気街口」隣の新築ビルに出店する「駿河屋秋葉原本館」。

 1~5階=フィギュア、6~7階=アニメ雑貨、8階=PCソフト、同人ソフトでフロアを構成する。中でも、3階は仮面ライダーや特撮、アメコミに特化、4階はガンダムやロボット系に特化。6階はアウトレット雑貨を、7階では乙女雑貨を取り扱う。

 営業時間は10時~21時(8日までのプレオープン期間は11時~20時)。