食べる 見る・遊ぶ

秋葉原に期間限定「バーチャルスナック」 バーチャルキャラクターが接客

DNPが開発した「80インチ透明スクリーン」イメージ

DNPが開発した「80インチ透明スクリーン」イメージ

  •  
  •  

 「バーチャルスナック in AKIHABARA」が現在、「DUB GALLERY AKIHABARA」(千代田区神田佐久間町)で展開されている。

 バルス(外神田5)とAKIBA観光協議会(神田佐久間町)、大日本印刷(新宿区)が共同で秋葉原に期間限定出店する企画。バルスが運営するバーチャルキャラクターによる接客サービス「バーチャルスナック」の秋葉原版として、バーチャルキャラクターと直接コミュニケーションしながら飲み放題・食べ放題形式で楽しめるのが特徴。

[広告]

 モニターには、透明度が高く、奥の背景が見通せる大日本印刷の「80インチ透明スクリーン」を使う。接客するバーチャルキャラクターは、インサイドちゃんMark1ほか。各回20席限定。

 チケットは6,500円(飲み放題・おつまみ食べ放題、チェキ券1枚含む)。今月25日まで。