見る・遊ぶ 買う

秋葉原に「ギャルと恐竜」コラボ自販機 「マジやば水」とグッズ販売へ

「ギャルと恐竜」ラッピングの「自由販売機」筐体イメージ

「ギャルと恐竜」ラッピングの「自由販売機」筐体イメージ

  • 3

  •  

 秋葉原BAY HOTEL(千代田区神田練塀町)前に12月18日から、アニメ・実写「ギャルと恐竜」とコラボレーションした「自由販売機」が設置される。

 ドリンクだけではなくグッズなどを販売できる自動販売機「自由販売機」。今回、2018(平成30)年10月から「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載を開始した森もり子さん原作、トミムラコタさん作画によるギャルと恐竜がルームシェアする作品「ギャルと恐竜」とコラボした。同所のほか、自由販売機ストア(渋谷区)にも設置される。

[広告]

 期間中、同作品のラッピング筐体(きょうたい)でオリジナルパッケージのミネラルウオーター(200ミリリットル)とペットボトルチャーム(全8種)をセットにした「ギャルと恐竜 ペットボトルチャーム付きマジやば水」(800円)、「ギャルと恐竜 トレーディングボトルキャップスタンド」(全8種・650円)を販売する。

 今月28日まで(初日は15時から販売開始予定)。