見る・遊ぶ 学ぶ・知る

JRA、有馬記念控え仮想オリジナルアニメOP公開 特設サイト・番宣風ポスターも

©JRA

©JRA

  • 3

  •  

 日本中央競馬会(JRA)が12月21日、仮想オリジナルアニメ「疾走のファンファーレ~有馬記念篇~」オープニングムービーを特設サイトなどで公開した。

 新進気鋭の若手ジョッキー・有馬ユウがさまざまなライバルたちと切磋琢磨(せっさたくま)し、幾多のレースを重ねて夢の舞台「有馬記念」を目指していくまでのドラマを描いたアニメという設定の「疾走のファンファーレ~有馬記念篇~」。

[広告]

 JRAは、アニプレックス製作協力・Lay-duce=制作の下、同アニメのオープニングムービーを公開。オープニングムービーでは、登場人物たちの苦悩や葛藤、レースに挑む覚悟や期待などを描きながら、主題歌のサビとともに駆け出すレースシーンが特徴。主題歌には、来年25周年を迎える4人組ロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」のデビュー曲「未来の破片」を使った。アニメ本編の放映はない。

 特設ウェブサイトも開設。ストーリー、キャラクター、グッズ、スタッフの紹介など、本物のアニメ公式サイトさながらに仕上げた。

 合わせて、「タワーレコード秋葉原店」(ヨドバシAkiba7階)をはじめタワーレコードとHMVの一部店舗で「番宣風ポスター」を期間限定で掲出する。

 「第65回 有馬記念(GI)」は12月27日15時25分発走。