PCアクセサリー「Antec」ショールームがオープン-米メーカー初

画像はAntecショールーム店内

画像はAntecショールーム店内

  •  
  •  

 リンクスインターナショナル(千代田区外神田6)は8月10日、自作向けPCアクセサリーの米国メーカー「Antec」のショールームをオープンした。場所は末広交差点そば。

 新しいショールーム(外神田6)は、同メーカーの本社が米国西海岸にあることを意識し、サーフボードやヤシ風の観葉植物で装飾した内装と、ガラス張りで展示ルームが一望できる外観が特徴。店内ではAntecの未発表製品を含むすべての現行製品や、同メーカーのPCケースを採用した九十九電機やFaithなどPCパーツ専門店のBTOホワイトボックスモデルのほか、改造PCの先駆者、高橋敏也さんが手がけた「徹底的な」P182改造水冷マシン(非売品)を展示する。今後は新製品の展示やイベントスペースとしての活用も予定。営業時間は11時~18時。

[広告]

 米国系DIY PCパーツメーカーとして、秋葉原にショールームをオープンするのは同社が初で、オープンに先駆け行われた関係者向け発表会にはAntecスコット・リチャーズ上級副社長が出席。「数年前までAntecの知名度は日本国内では低いものだったが、今ではPCケースの分野で国内ナンバー1となった。当社は電源部門にも力を入れており北米市場ではトップを獲得している。それと同じように日本市場でもトップを獲得出来るように展開していきたい」と意気込みを語った。

Antecリンクスインターナショナル

  • はてなブックマークに追加