無料週刊マンガ誌「コミック・ガンボ」連載作品が単行本化

  • 0

  •  

 デジマ(千代田区神田佐久間町3)は10月1日、同社が手がける無料週刊マンガ誌「コミック・ガンボ」から「ガンボコミックス」の刊行を開始することを発表した。

[広告]

 「ガンボコミックス」は「コミック・ガンボ」での連載作品を中心に単行本化し、月1回毎月上旬刊行するもの。書籍のサイズはB6判とA5判で販売価格はB6判=588円ほか。

 単行本化第1弾となる10月刊行の作品は以下の6点。夏目漱石・作 江川達也・画「坊っちゃん」(1)、吉田ひろゆき「黒草子」(1)、林家木久扇(木久蔵)・原案 どいーん・作 はまのらま・画「昭和バカ囃子/林家木久扇物語」(1)(2)、香川まさひと・作 木村直巳・画「朧-OBORO-」(1)、村上ともか「クライマー列伝」(上)。今後は毎月4点程度の刊行を予定する。

 「コミック・ガンボ」は今年1月に創刊した国内初(同社)の無料週刊マンガ誌。首都圏に通う20~40代のビジネスマンと学生を読者層に想定し、東京・神奈川・千葉・埼玉などの首都圏で毎週10万部を配布する。誌面には既に実績のあるマンガ家による連載マンガ約15本を掲載している。

関連記事(無料の週間マンガ誌「コミック・ガンボ」創刊-都内などで配布)コミック・ガンボ

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース