京商、「KYOSHO アスレチクス ヒューマノイドカップ」開催へ

  •  
  •  

 京商(千代田区)は12月8日・9日、2足歩行ロボットによる競技大会「KYOSHO アスレチクス ヒューマノイドカップ」をアキバ・スクエア(秋葉原UDX 2階)で開催する。

 同大会は、同社が手がけるヒューマノイドロボット「マノイ」を用いた競技大会。「マノイ」とは人間の5分の1サイズの2足歩行アスリートヒューマノイド。出場者たちは自分たちの手で同商品にペイントを施すほか、ダンスなどの動きのプログラムを制作しマノイに組み込んで大会に挑む。

[広告]

 競技種目は主に陸上競技のようにタイムを競う「アスリート種目」と、ダンスなどの演技力を競う「パフォーマンス種目」に分かれる。昨年に続き2回目となる今回は、今年6月に発売された新機種「マノイPF01」が新たに追加。パフォーマンスが得意だというマノイPF01のために種目も増やした。

 当日はタレントの三条恵美さんや、数々のロボットの大会で優勝しているロボットクリエーターの高橋智隆さんがゲストとして登場し、競技の解説を行う。このほか、2足歩行ロボットによるサッカー大会「KONDO-CUP」の開催なども予定。

関連画像(楽器を演奏するマノイたち)関連画像(昨年参加したヒューマノイドたち)京商、ホビーロボット「マノイ」新モデル発売に先駆け発表会(アキバ経済新聞)KYOSHO アスレチクス ヒューマノイドカップ京商

  • はてなブックマークに追加